フロアコーティングをするタイミング

フロアコーティングとは床の上にワックスを塗るように特殊な素材でコーティングをする事で床そのものを長持ちさせる効果があります。


塗る素材によっては光沢の有無やコーティングの厚みなどを選択することが出来ます。
またワックスのように数か月で塗りなおす必要もなく5年から長いフロアコーティングになると30年塗り直しが不要といったメリットもあります。



すでに床にコーティングがしてあるので日々のお手入れも簡単に済ませることが可能です。

ワックスのように重たい家具をその都度移動させるといった重労働も必要ないのです。フロアコーティングは基本的に今ある床に対して保護する役割があります。



ですからすでに傷がついていたり色褪せているといった床の場合、その傷や色褪せが回復するというわけではありません。

そういった意味からも入居するタイミングのより傷などがない綺麗な状態の床に施工することでより美しい床を保つことが出来るのです。

フロアコーティングというとフローリングにコーティングをするといったイメージを持たれる方も多いかもしれませんが、フローリング以外にもさまざまな素材の床に施工することが可能なのです。

ですから水回りに多く使用されているクッションフロアと呼ばれる床材にも施工可能な素材もあるのです。

もちろん施工をするとなると施工面積や素材によっては数十万円という費用が掛かります。



しかし毎月毎月自分で手間をかけてワックスを塗布することを考えた場合この費用が安いか高いかと考え、検討されるとよいのではないでしょうか。