フロアコーティング作業の注意点について

フロアコーティングは床に専用の薬剤を塗布して皮膜を作り、傷や湿気などを防ぐ処置を指します。
主にフローリングなど表面が滑らかな床の見栄えを良くする目的で行われる他、キッチンや洗面所のように頻繁に水濡れや汚れの飛散が生じる部屋の衛生管理を簡略化する用途もあります。



フロアコーティングは使用する薬剤によって撥水性や皮膜の強度が異なるので、使用目的や環境に適した一品を選ぶことが大切です。また、薬剤の効果を発揮するためには塗りムラや掠れが生じないように均一に塗布する必要があります。



高い技術力を持つ専門業者に作業を依頼するのが一般的ですが、同じ作業でも業者によって仕上がりが変わってくるので信頼できる所を選ぶように心がけます。

フロアコーティング作業は塗布した薬剤が乾燥した際に皮膜が綺麗に形成されることが重要になります。



塗布作業の技術力だけではなく、作業中の環境も良好に保つことが仕上がりを綺麗に保つための条件です。
薬剤は揮発性が高く、有害な成分が含まれていることもあるので作業中は換気をこまめに行う必要があります。

また、水滴や埃などの異物が混入すると表面に凹凸が発生することもあるので、作業中は部外者の出入りは避けるように心がけます。

一般的に高額な薬品になるほど皮膜の強度が高く、撥水性も長持ちしますが、その一方で塗り直しが出来ない物や乾燥に時間がかかる物もあるので詳細を確認したうえで慎重に判断することが大切です。